不動産売買、不動産相続のことなら、伊勢崎市のファインアシスト

受付時間|10:00~19:00 0120577151

戸建て

本気の住宅ローン金利引き下げ交渉のコツ

戸建て

2019.08.31

家計の負担でも特に大きいのが、住宅ローンの返済ですね。住宅ローンは定期的に金利を見直して、少しでも安いローンに借り換えるのが得策ですが、借り換えずに今利用しているローンの金利を引き下げてもらうことも可能です。今回は、住宅ローン金利引き下げ交渉のコツをご紹介します。

住宅ローンを選ぶ際にはやはり金利が一番気になります。わずかな金利の違いで、総返済額が大きく異なってくるからです。しかし、金利だけでなく、金利が固定か変動かで資金計画も変わってくるのです。ここでは住宅ローンの金利の仕組みについて説明していきます。

 

定期的に金利を見直す変動金利型

 

住宅ローンで金利が一番低くなるのは変動金利型です。一般的には市場金利に合わせて6ヶ月ごとに適用金利が見直される仕組みです。当初は一番金利が低いため、毎月の返済額も低く抑えることができるのが最大のメリットです。当然のことながら金利が上昇すれば住宅ローンの金利も上昇してしまうというリスクもありますが、当初の5年間は返済額が変わらないというシステムを取っており、突然返済計画が破綻するような恐れはありません。また、その後も返済額が金利見直し前の1.25倍を上限とする特約がついていることが一般的です。

 

返済計画を立てやすい全期間固定金利型

 

住宅ローンの固定型と変動型で、結局どちらがお得なのかは、経済情勢などによって左右されるため専門家の間でも意見が分かれる性質のものです。しかし、短期の借り入れであれば景気に左右されにくいので金利の低い変動型が有利であるなど、一定のセオリーも存在します。ゼロ金利やマイナス金利の時代であれば固定型で組むなど、住宅ローンの仕組みを景気の動向に合わせてうまく活用するということです。景気の先読みは専門家でもかなり難しいものですが、住宅ローンを組む時の景気の動向に合わせるだけでも十分なのです。

 

変動か固定か迷ったら固定金利期間選択型

 

このような住宅ローンのタイプの違いは、「金利の変動リスクを誰が取るのか」の違いによって生じます。変動型の場合は借り手側がリスクを取り、固定型は金融機関がリスクを取るという仕組みなのです。迷った場合は、3年や5年、10年などの固定金利期間選択型という方法もあります。固定金利期間が終了すると、再び固定型か変動型かを選べる住宅ローンも多く用意されているため、現時点では決めきれないという人でも安心して住宅ローンを組むことができます。

 

返済期間や景気の動向で決めたい金利型

 

住宅ローンの固定型と変動型で、結局どちらがお得なのかは、経済情勢などによって左右されるため専門家の間でも意見が分かれる性質のものです。しかし、短期の借り入れであれば景気に左右されにくいので金利の低い変動型が有利であるなど、一定のセオリーも存在します。ゼロ金利やマイナス金利の時代であれば固定型で組むなど、住宅ローンの仕組みを景気の動向に合わせてうまく活用するということです。景気の先読みは専門家でもかなり難しいものですが、住宅ローンを組む時の景気の動向に合わせるだけでも十分なのです。

 

住宅ローンの金利引き下げ交渉は3月と9月がいい!?

 

住宅ローンの金利引き下げ交渉は、タイミングが大切です。金利引き下げは銀行側では不利になりますから、できるなら引き下げたくないというのが銀行の本音です。交渉を有利にするために、成功しやすい3月と9月にターゲットを絞りましょう。

なぜ3月と9月が交渉が成立しやすいかというと、多くの銀行の決算期が3だからです。このため9月が中間決算期となります。

ローンの融資額は担当営業万の成績でもありますし、銀行の業績でもあります。銀行の業績には常に周囲が注目していますから、少しでも収益を上げなければ株価にも影響を及ぼします。

このため、売上目標を達成するための最終月の3月は特に営業活動に力を入れます。この時期に他行への借り換えが行われれば、その分業績が下がるので、交渉が成功しやすいのです。中間決算の最終月に当たる9月も同様です。

 

借り換えシュミレーションで金利を比較

 

交渉を成功させるためには、他行への借り換えを示唆することがポイントとなります。他行の方が金利が安いので借り換えますと伝えることで、金利引き下げ交渉に応じてくれるからです。

しかし交渉ですから、単に借り換えますというだけでは説得力がありません。実際に借り換えたら、どれだけ金利が低くなるのか、実際の数値を提示して、他行並みの金利に下げさせる必要があります。

ローンの借り換えを行っている銀行などのWebサイトで、「借り換えシュミレーション」機能を利用できます。この機能を使って、借り換えのメリットや、返済額の差額を確認しましょう。

ただ交渉するだけじゃダメ?借り換えが本気であることを伝える

他行への借り換えを理由に金利の引き下げ交渉をする人は多いので、銀行側も対応には慣れています。ですから、交渉が成立しない場合は本気で借り換えをする覚悟で臨まないと、銀行側はなかなか納得してくれません。


決算直前の3月か9月に、○○銀行に借り換えようと考えていること。借り換えた場合は現在の金利より0.9%低くなり、返済総額が180万円節約できること。すでに、借り換えのための事前審査に通過しているなど、具体的に銀行側に伝えることが大切です。


金利引き下げには再審査がある!普段の返済はきちんとしておこう

交渉に成功して、「では銀行に戻って検討して引き下げ案をお返事します」となった場合でも、安心できません。金利引き下げの可否や、引き下げ率は、これまでの銀行への返済状況、返済期間など様々な角度から検討されるからです。


銀行が優良客と判断したら大幅な金利引き下げが期待できますが、不良客と判断されたら「検討した結果、引き下げはできません」と断られてしまいます。そうならないためにも、毎月のローン返済は期日に遅れないようにして銀行への印象を良くしておきましょう。


まとめ

金利引下げ交渉のまとめ


金利引き下げ交渉は、3月か9月が有利であること、なるべく具体的な情報を示して本気度を見せることがポイントとなります。


交渉時は借り換えるぞ!など高圧的な態度をとらないようにしましょう。金利引き下げの相談にのってもらうというスタンスで、おだやかに話し合うことが大切です。


このように同じ住宅ローンとはいっても、金利が変動型か固定型でかなり性格が異なるのです。そのため住宅ローンを選ぶ際には最も迷いやすいポイントでもあります。住宅ローンを組む際は、個人のライフプランでの優先事項を明確にした上で、こういった経済情勢に合わせた資金計画がとても重要なのです。


    新築物件はある?伊勢崎市の物件事情

    引っ越すときに物件を探す際、その土地に新築物件があるかどうかは気になるポイントです。 しかし、中古物件もお値段がお得だったり、新築物件と実際どんな違いがあるの

    伊勢崎市で建売を購入するなら

    建売の購入を考えている方にとって、注意すべき点とは何なのでしょうか。 今回、建売の魅力からチェックポイントまで詳しく紹介していきますので、伊勢崎市で建売の購入

    伊勢崎市で新築の賃貸物件を選ぶ時のポイント

    駅前の再開発が行われ、JRと東武鉄道の改札が分離されて整備が進んでいる駅周辺では、新作の賃貸物件が建設されています。 郊外に建ち並ぶ賃貸物件とは特徴が異なり、

    伊勢崎市で戸建の賃貸物件を探すときの注意点とは

    伊勢崎市の市街地では、駅前の再開発が行われたものの、少し離れた位置では手付かずの状態で住宅地が残っています。 戸建ての物件を買い取って賃貸経営をする際、安定し

    伊勢崎市で戸建の中古物件を買う際のポイント

    群馬県伊勢崎市は、前橋市や前橋市など県内の主要エリア、および埼玉県内や都心へのアクセスの利便性の高い地域です。 生活環境が整っていることからファミリー層からの

ページトップへ