不動産売買、不動産相続のことなら、伊勢崎市のファインアシスト

受付時間|9:30~18:30 0120577151

空き家

空き家は使わなきゃもったいない!おすすめの活用法4つ

空き家

2020.08.27

使わない空き家の維持・管理に困っているという方は多いのではないでしょうか。せっかく家を所有しているのに空き家にして、維持・管理のコストだけ支払うのは勿体ないです。そこで今回はオススメの空き家活用法をご紹介します。

 

きれいにリノベーションして賃貸シェアハウスに

 

オススメの空き家活用法の1つめが、リノベーションして賃貸シェアハウスとして利用する方法です。
なぜシェアハウスなのかというと、シェアハウスは家賃収入が高く、空室リスクに強い傾向があるからです。まず、空き家1軒をそのまま個人に貸すと家賃収入は1世帯分のみですが、シェアハウスは部屋一つ一つを貸し出せるので、入居者を増やせます。入居者が増えれば家賃収入の増加が期待できますし、一人でも入居していれば最低限の家賃収入が確保できるので空室リスクにも強くなります。

 

カフェに店舗に用途いろいろ!テナントとして賃貸

 

空き家をカフェや店舗などのテナント物件として活用するのもオススメです。
業績の高い飲食店や販売店にテナントとして貸し出せば家賃収入も安定します。また家賃の滞納トラブルも、個人へ賃した場合に比べ少ない傾向にあります。
テナント物件の活用法は飲食店や店舗に加えてコワーキングスペースなどの事業所、トランクルームなどの倉庫と幅広いです。そのため使い道が限定されるような物件より、幅広い用途に対応できるシンプルな構造の物件の方が入居者も見つかりやすいでしょう。

自治体に賃貸!公共の場として使ってもらう

空き家を個人や民間事業者に貸し出すのではなく、自治体に貸し出すという活用方法もあります。地域住民が集まる公共の場として空き家を活用したり、移住希望者向けの田舎暮らし体験住宅として活用したりと使われ方は様々です。

公民館のような公共の場として提供する場合、賃貸ではなく寄贈という形になる自治体が多いです。寄贈であっても、地域の為に空き家が有効活用できますし、何より維持・管理の手間が少なくなるのでメリットは大きいでしょう。


自分用にセカンドハウスとしてもOK

空き家を自分用のセカンドハウスとして活用するという選択肢もあります。自宅に自分の部屋がない、家族がいるため1人の時間が作れないという人は、空き家をセカンドハウスとして活用すれば一人で静かに過ごせる場所を確保できるでしょう。

またゲーム、プラモデル製作、絵画など趣味がある人は趣味を楽しむ為の空間としてセカンドハウスを活用できます。誰にも邪魔をされず趣味に没頭できるだけでなく、趣味に関するアイテムも保管できるので、熱中している趣味がある人にはセカンドハウスとしての活用はオススメです。


まとめ

空き家の活用はお早めに


空き家活用法にはシェアハウスとして使う方法やセカンドハウスとして使う方法など様々な方法があります。どの方法が優れているかは空き家の状態や立地、オーナーの意向などに左右されます。ただ、空き家は使わないと劣化が早まる恐れがあるので、できる限り早めに活用した方が良いでしょう


ページトップへ