不動産売買、不動産相続のことなら、伊勢崎市のファインアシスト

受付時間|9:30~18:30 0120577151

土地

相続した土地の売却をスムーズに行なう方法が知りたい!

土地

2020.11.03

土地の相続をしたのはいいが、すでに家を持っているので住む気がないなど、どうしようかと考えている方もいることでしょう。
そのようなとき、土地にかかる税金など出費が多くなるので売却したいと思うこともあるのではないでしょうか。そこで相続した土地の売却をスムーズに行う方法をご紹介します。

 

相続登記とは?費用や手続きの仕方

 

まず最初に知っておく必要があるのは相続登記です。
相続登記とは、土地の所有者が亡くなった場合に、その名義を相続した方の名義に変更することです。
この相続登記をせずに相続対象者が複数いる場合は、売却するときに、相続した方全員の同意を求めることや全員分の書類の提出など、手間や時間がかかってしまいます。
売却をスムーズに行うためにも相続登記をきちんとしておきましょう。
また、費用については、登録免許税、登記簿謄本代が必ず必要となります。
登記に必要な書類がない方は、戸籍謄本や住民票などの取得費用がかかります。
その他、手続きを司法書士に依頼した場合には手数料が必要となります。
手数料をかけたくないという方は、自分で書類作成をし、法務局へ行くことで相続登記を行うこともできます。”

 

土地の相場を調べて査定を依頼

 
まずは不動産会社などに査定を依頼しましょう。
査定には簡易査定と訪問査定があり、簡易査定は机上査定とも言い、住所、広さなどの情報だけで査定を行います。
また、訪問査定は詳細査定とも言い、周辺環境、境界の有無や整地状況などを見ることで査定を行います。
まずは簡易査定で相場を知り、その後、訪問査定を行うという方法でもよいでしょう。
しかし、不動産会社によっては、独自基準で訪問査定を行う場合もありますので、様々な基準から相場を知ることがよいかもしれません。

更地と古家つき土地はどちらが売りやすい?

古家つきの土地を売却する場合、解体費用がかからないというメリットがあります。

しかし、古家であるため欠陥物件として、瑕疵担保責任が課せられます。この瑕疵担保責任は買主との話し合いで免除にすることができます。

更地の場合は、解体費を考えると売却前に費用がかかってしまいます。また、解体前に家の中の物を処分するなど整理が必要になりますので、時間や労力を費やします。更地は古家つきの土地に比べ固定資産税が高いため、売却できるまでに高い税金を支払わなければなりません。

しかし、買主側にとってはすぐに建設が進められるため、買い手がつきやすいというメリットもあります。


相続した土地を売却するメリットとは?

相続した土地を売却するメリットは、現金化できるということです。現金にすることで、生活費やローンの返済にあてることができます。

また、相続した土地の固定資産税などの支払いがなくなりますので、出費を減らすことができます。

古家があるならば、残りの年数分の火災保険料や地震保険料などが戻ってきます。現金収入が増え税金などが減りますので、子供の教育費や旅行へ出かけることなど、今一番必要なものに使うこともできるでしょう。


まとめ

相続した土地の売却を考えたら?確認と相談としっかり吟味!


まず、相続した土地があるならば相続登記を確認しましょう。誰の名義になっているかが大切です。

相続した土地の査定を行い、更地にするのか古家つきで売却するのか、現金化できたときに何に使うのかなど様々な面から考えます。安い買い物ではありませんので、家族や不動産会社などに相談し、しっかりと吟味し決めることでスムーズに進められるでしょう。


ページトップへ